top of page


物件の購入価格は、SUUMO等のポータルサイトや不動産会社のホームページ、

折り込みチラシなどで簡単に確認できます。



一方、諸費用については、物件価格に加えて、


●仲介手数料、

●登記費用、

●ローンの保証料、

●印紙代、

●火災保険、

●固定資産税の清算金など


が含まれます。


【仲介手数料】

仲介手数料は、物件価格に3%を掛けた金額に加えて、6万円×消費税分が加算されます。

例えば、物件価格が3,000万円の場合、仲介手数料は1,056,000円になります。


【登記費用】

登記費用は、購入する物件が新築物件か中古物件か、路線価などによって異なります。

ローンを利用する場合、住宅ローンの審査に必要な信用情報の登録手数料も必要に

なります。登記費用については、物件価格に対して1%程度から2%程度という目安が

ありますが、実際には物件の種類や立地条件によって異なります。


【ローン保証料】

ローンの保証料は、借り入れ金額の2%程度となります。また、印紙代は契約書に貼る印紙代、火災保険は物件の火災保険、固定資産税の清算金は、前の所有者から引き継いだ日から年末までの固定資産税分が含まれます。


【火災保険】

不動産購入における火災保険料は、物件の所在地、物件の用途、建物の構造や広さ、

保険金額、保険期間などによって異なります。

そのため、一概にいくらと言えるものではありません。

保険料の目安を知りたい場合は、保険会社や不動産会社に相談し、見積もりを取ることを

おすすめします。


【印紙代】

不動産にかかる印紙代は以下の通りとなります。



≪補足≫

不動産売買契約書とは、不動産を売買する際に用いられる書類で、売主と買主の間で取り交わされます。この契約書には、不動産の物件情報や売買代金、引渡し時期、手数料、解除条件、免責事項などの取り決めが記載されます。契約書に署名・捺印がされることで、売買契約が成立します。


工事請負契約書とは、工事を行う業者と工事を依頼する施主との間で締結される契約書で、工事の内容や期間、報酬、保証などについて取り決めるものです。一般的に、建築工事やリフォーム工事、土木工事などの場合に用いられます。


金銭消費貸借契約書とは、貸し手と借り手の間で金銭を貸し借りする際の契約書のことです。貸し手が借り手に対して一定の金額を貸し出し、借り手は一定期間内に利息とともに返済することが定められています。消費者金融や銀行などが顧客に提供するローン商品に用いられることが一般的です。



以上を合算すると、おおよそ物件価格の約10%程度の金額が諸費用として

必要となります。


ただし、物件価格や立地条件などによって異なるため、詳細な見積もりは不動産会社に相談することが必要です。また、ローンを利用する場合には、金利や返済方法、保証人の有無なども考慮する必要があります。




「空き家税」って何?

最近ニュースにもなってましたがこれは京都市が、所有者がいない空き家に対して課す

「非居住重要利活用促進税」といい、自治体が独自に課す法定外税になります。


京都市は近年、高齢化率が高く、高齢者の医療や介護などの社会保障費の増加や、

20代30代世帯の市外流出し、これにより税収の減少、また観光業は京都市の重要な産業ですが、新型コロナウイルスの影響により、財政に大きな影響を与えました。


したがって、現在の京都市の財政は破綻寸前になってます。


このような状態が続き、京都市が空き家税実施を国に協議していたのですが、

最近になって、国が承認したことが報じられました。



内容を簡潔に言うと・・・

京都市内の空き家の所有者には、その固定資産税の0.7%に加え、立地や広さを考慮して課税されます。ただし、固定資産税が20万円以下の空き家や、事業利用や販売開始前の空き家は非課税となります。

国の発表では初年度の税収は8億6,000万円の見込みで、条例施行日は2026年度以降とされています。


メリット・デメリットをまとめてみました!

(京都市の観点から見たメリット・デメリットになります。)


【メリット】

  1. 空家の利用促進:空家税が導入されることで、所有者がその空家を利用することを促進することができます。これにより、市内の空家が減少し、住宅不足の解消につながる可能性があります。

  2. 地域経済の活性化:空家税が導入されることで、所有者がその空家を賃貸や売却することを選択することが増える可能性があります。そのため、地域経済の活性化が期待できます。

  3. 税収の増加:空家税が導入されることで、市は空家所有者からの税金を受け取ることができます。このため、市の税収が増加することが期待できます。

【デメリット】

  1. 所有者の負担増加:空家所有者は、空家税の支払いを余儀なくされるため、所有者の負担が増加する可能性があります。

  2. 管理の難しさ:市が空家を特定するためには、空家の管理に関する情報を集める必要があります。これには、人的なリソースやコストがかかるため、管理の難しさがあるかもしれません。

  3. 市外からの投資の減少:空家税が導入されることにより、市外からの不動産投資が減少する可能性があります。これは、市内の不動産市場に影響を与える可能性があるため、注意が必要です。


以上が、京都市が空家税を導入することによるメリットとデメリットですが、、、、

個人的な意見になりますが、京都市内で不動産を所有している人にとってはただの増税ですね。また地域の活性化をする事で、京都市内に働き盛りの世代を京都市に集めるという事ですが、京都市内の特に中心部は他の地域と比べても、価格が高すぎるというのが率直な意見です。もしかしたら、活性化に伴い今も続く価格高騰が落ちつくかもしれませんね、っと安易な希望ですいません。


これらはあくまでも一例であり、実際に導入される場合には、より多くの要因が考慮される必要がありますね。


今のところ、京都市内活用していない不動産があるのなら、このタイミングで売却・賃貸に出す等、一度お考え頂いてはどうでしょうか?RAYHOMEでは色々なご相談承っております。どうぞお気軽ご連絡下さい!
















更新日:2023年4月8日

こんにちは、このブログも全く活用してなかったので、今後はちょくちょく上げるように

いたします。基本的には不動産全般でお役立ち情報を上げていきます💦💦





現代の住宅において、快適な生活を送るためには、機能的で快適な住環境が求められます。そのため、戸建て住宅においては、さまざまな設備が注目されています。


【戸建の標準設備で求められるもの 3選】


①ウォークインクローゼット














②シューズインクローゼット















③システムキッチン

















ウォークインクローゼットやシューズインクローゼットなどの収納スペースは、家族全員の衣類や靴を収納することができ、快適な生活を実現するために欠かせないものです。

また、追い焚き機能は、給湯器に付いた機能で、お湯の使用量に応じて自動的に給湯することができるため、お風呂の温度が下がりにくく、快適な入浴を楽しむことができます。さらに、システムキッチンは、料理や家事の効率化につながり、忙しい現代人にとっては欠かせないものとなっています。また、これらの設備は、家族構成やライフスタイルに応じて必要なものが異なってくるため、購入前には自分たちの生活に合った設備を選ぶことが大切になります。

設備の充実度は住宅価値にも大きな影響を与えるため、将来的に家を売る際にも、魅力的な住宅となるように設備選びを考えることも重要です。しっかりと検討し、自分たちに合った設備を取り入れることで、快適な生活を送ることができます。




【省エネ設備がトレンドに】


近年では光熱費の高騰により、エコロジーに配慮した設備が注目を集めています。例えば、太陽光発電システムや雨水利用システム、断熱材や高効率エアコンなどの省エネ設備などが挙げられます。これらの設備を取り入れることで、環境に配慮しながら、エネルギーを節約することができます。


また、インターネット環境についても、快適な生活を送る上で欠かせない設備の一つとなっています。高速インターネットが使用できる光回線やWi-Fiなどの設備を取り入れることで、家族全員が快適にインターネットを使用でき、情報収集やコミュニケーションなどに活用することができます。




以上のように、戸建て住宅においては、収納スペースや省エネ設備、インターネット環境など、生活に必要なさまざまな設備が存在します。自分たちのライフスタイルや将来の暮らしを考慮し、必要な設備を選び、快適な生活を実現しましょう。




家に対するご質問やご要望などございましたら是非、ご相談ください。

1
2
  • 株式会社RAYHOME instagram
  • 株式会社RAYHOME Facebook
bottom of page